独学で、中国語を学ぶ人へ、役立つ中国語を提供するニュースサイト

中国語のあいさつ④

誰かに何かお願いするときや、逆に何かをしてもらったときに、自分の気持ちを表すあいさつは大切です。

中国語で感謝

礼儀を重んじるのが中国文化ですから、いろいろな言い回しがあります。

また、逆に、関係が近い間柄ほど、お互いに助け合うのは当たり前的に、儀礼的なあいさつはなくなっていくようです。これも中国らしい特徴だとは思いませんか?

質問の仕方

まず基本として、何かを教えてもらうときによく使われる表現に「请问qǐng wèn:お伺いしたいのですが)」「打听dǎ tīng:おたずねします)」「请教qǐng jiào:教えてほしいのですが)」があります。

あれれ、どう違うんだろう?とこの期に及んで思ったので、ちょっと調べてみました。

すると、「教えてもらいたい内容」や範囲が関係あるようです。こんな感じです。

请问」≧「打听

请问」≒「请教

打听一下」は相手の意識とは全く関係ない客観的な事実を聞くとき、例えば道順や建物の場所、飛行機の出発時間などです。

请问」「请教一下」は「教えをこう」ことで、道順や時間を聞くときに使うこともあります。

さらに相手の意見や考え、何かを教えてもらうというときにも使われる、ということのようです。

dǎ tīng yī xià,xiàn zài jǐ diǎn?/ qǐng wèn xiàn zài jǐ diǎn

打听一下,现在几点? / 请问,现在几点

ちょっと教えてください。今何時ですか?

 

qǐng wèn, zhè gè zì é(er) zěn me(yāo) niàn?

请问,这个字儿怎么念?

この字はなんと読むのですか?

 

wǒ xiàng nǐ qǐng jiào yī xià rú hé cái jiě jué zhè gè wèn tí?

我向你请教一下如何才解决这个问题?

この問題はどうすれば解決するのか教えてください。

では、何かを手伝ってほしいときは、相手になんと言ってお願いしましょうか。

nǐ néng bāng wǒ de máng?

你能帮我的忙?

手伝ってもらえますか?

その他、「能帮助我?(néng bāng zhù wǒ?)」「帮帮我吧bāng bāng wǒ ba)」ということもできます。

hǎo le, kě chī wán fàn hòu kě yǐ ma?

好了,可吃完饭后可以吗?

いいですよ。でも、ごはん食べてからでいい?

こう返してくれたら、「没问题谢谢了méi wèn tí, xiè xiè le:問題ありません。ありがとう)」と返しましょう。

物を頼む場合

何かをお願いする段階に至ったときは「拜托bài tūo:お願いします/頼みます)」を使います。

bǎ zhè xiàng mù bài tūo nǐ le

A:把这项目拜托你了

このプロジェクトをあなたにお願いします。

 

hǎo de, jiāo gěi wǒ ba

B:好的,交给我吧

分かりました。任せてください。

拜托」はこんな使われ方もします。

bài tūo nǐ,  shàng kè bié chí dào

拜托你,上课别迟到

お願いだから、授業には遅刻しないでね。

交给」も、+「誰か」として「~にお任せします」となります。

yī qiè dōu jiāo gěi nǐ

一切都交给你

すべてをあなたに任せます。

身近な人に対して

ただ、冒頭でも述べましたが、「亲人qīn rén:親戚)」「自己人zì jǐ rén:内輪/自分サイドの人)」など近い間柄の人に対して、「谢谢」とか「拜托你了」とか、ほとんど言わないかもしれませんね。

そうすることが当たり前なので、親しい間で「谢谢xiè xiè:ありがとう)」なんて言ったら、逆に「生分(shēng fēn:水臭い)」になってしまいます。

那你要拿什么谢我?(nà nǐ yào ná shén me xiè wǒ?:それなら何がもらえるのかな/何で感謝に応えてくれるのかな)」なんて言われるかも。

那你要拿什么谢我?」は冗談だとして、よく聞くフレーズとしては「应该的yīng gāi de:当然です)」があります。

xiè xiè nǐ de bāng zhù, méi yǒu nǐ de huà, wǒ dōu bù zhī dào gāi zěn me bàn

A:谢谢你的帮助,没有你的话,我都不知道该怎么办

助けてくれてありがとう。あなたがいなかったら、どうしたらいいのかわからなかった。

 

bié zhè yàng, shì yīng gāi de

B:别这样,是应该的

やめてください、そんなの当然ですよ。

应该的」という表現を知る前は、決め言葉のように「不客气bù kè qì:お気になさらず)」を使っていましたが、「应该的」を知ってから私はこれ1本です。

それから謝罪の言葉で「ごめんなさい」に当たる「对不起dùi bù qǐ)」「不好意思bù hǎo yì sī)」も同じで、親しい間柄ではあまり使いません。

麻烦你má fán nǐ:世話をかけます)」というのもありますが、やはり「親しい仲にも礼儀あり」の文化を持つ日本人の感覚としては、一言添えたほうが気持ち的に楽かもしれませんね。

関連記事