歴史と人物から学ぶ中国語~項羽と劉邦~其の一

    1. 中国歴史・民族

    秦の始皇帝の死後、秦王朝は大いに腐敗してしまいます。国民の不満が高まるなか、新たな英雄が台頭しました。それが項羽と劉邦です。今回は、この二人にスポットライトを当てながら中国語を勉強していきましょう。

    歴史と人物から学ぶ中国語~項羽と劉邦~其の一

    項羽と劉邦

    まずは簡単にこの二人に関するあらすじを紹介します。

    紀元前2世紀頃の中国。始皇帝は初の統一国家秦を建国します。2代目の秦の皇帝・胡亥は宦官に政治を任せ、淫蕩の日々を送りました。

    この宦官がとにかく悪かったため多くの人が苦しみます。そんな中、武勇で知られる項羽と仁徳の将・劉邦は、打倒秦を掲げて挙兵しました。

    そして秦は滅亡し、項羽と劉邦という両雄の激突が始まるように。最初は項羽に天下を取られ、辺境の蜀へと流された劉邦でしたが、多くの配下に恵まれて再び態勢を立て直しました。

    最終的に劉邦は様々な合戦を経て項羽を降し、400年続く漢王朝の基礎を打ち立てます。

    項羽と劉邦のストーリーがとても人気がある理由は、二人の生い立ちや性格がまったく対照的であるということです。

    秦の始皇帝とその後の腐敗については、こちらの記事をご覧ください。

    澄んだ青い空の下に狛犬の像がある伝統的な中国の門。

    劉邦について

    劉邦の字(あざな)は季です。中国語では刘邦(liúbāng)といいます。

    あざなとは、中国において、姓・名以外につけた別名・通称のことで、古代中国では男子は20歳、女子は15歳で字を持つことができました。

    名前の邦には「あんちゃん」という意味があり、字の季は「末っ子」という意味なので、劉邦という名前のニュアンスとしては、「劉家の末っ子の兄ちゃん」となります。

    皇帝になっても「劉家の末っ子の兄ちゃん」という名前で通したところが、劉邦の面白いところですね。

    劉邦は後に漢帝国の創始者となります。

    劉邦の人となり

    この劉邦ですが、四十代までろくに働きもせずに、酒場に入りびたり、仲間や子分を相手にホラばかり吹いているような生活を送っていました。

    当然、家族には冷たい目で見られてしまいますが、そんな劉邦にある時転機がおとずれます。

    遊び歩いている劉邦を心配した友人の蕭何(しょうか)が、劉邦に亭長という役職を斡旋しました。

    これは都の工事のために人を送り届ける任務ですが、劉邦はろくに見張りもしなかったため、人足の大半が逃げてします。

    秦の法律は厳しく、人足を送り届けなければ劉邦が処刑されてしまうため、劉邦はほとんど成り行きで仕方なく反乱を起こすことにするのです。

    劉邦は無学で、口が悪く、教養もなく、働くのが大嫌い。酒と女が大好きなだけの男でしたが、何故か人(特に同性)に好かれる不思議な魅力がありました。

    劉邦は農民から皇帝に上りつめた男ですが、彼の他に一介の農民から皇帝になったのは、中国史上において劉邦と朱元璋(しゅげんしょう)の二人だけです。

    項羽について

    本名は項籍で字(あざな)が羽で、中国語では项羽(xiàng yǔ)といいます。

    項羽は中国大陸の南に存在していた楚の名家、項家の出身です。彼は大変恵まれた体躯を持ち、武芸に秀でていました。年齢は劉邦より一回り以上若くなります。

    叔父の項梁(こうりょう)に付き従い、秦打倒のために兵を起こしました。この項羽はとにかく強く、三国志でいうと、呂布並みに戦闘力があります。

    木製の背景に 4 つのカラフルなパズルのピースと並べて、パズルのピースが 1 つ欠けている人間の頭のシルエットをグラフィカルに表現し、すべて中国のパターンで装飾されています。

    項羽と劉邦の性格の違い~会話文~

    項羽と劉邦それぞれの紹介をしましたが、ここで例文を見てみましょう。

    中国学習者のAさんが中国人の王さん(Bさん)にこの2人の違いについて尋ねています。二人の性格を表す中国語に注目してください。

    xiàng yǔ hé liú bāng yǒu shé me bù tóng?

    A:项羽和刘邦有什么不同?

    項羽と劉邦にはどんな違いがありますか?

    xiàng yǔ de xìng gé shì  gāng bì zì yòng, qíng xù huà qiáng liè, jué cè shí bù kǎo lǜ hòu guǒ, quē fá zì wǒ kòng zhì de néng lì.

    B:项羽的性格是刚愎自用,情绪化强烈,决策时不考虑后果,缺乏自我控制的能力。

    項羽の性格は頑固で、非常に感情的で、決断を下す際には結果を考慮せず、自分自身をコントロールする能力に欠けています。

    tā de  xìng gé dǎo zhì le tā zài chǔ lǐ wèn tí shí de wěn dìng xìng hé jué cè de jú xiàn xìng

    他的性格导致了他在处理问题时的稳定性和决策的局限性。

    彼の性格は、問題を処理する際の安定性の欠如や意思決定の弱さにつながっています。

    shì ma, nà liú bāng de xìng gé zěn me yàng?

    A:是吗,那刘邦的性格怎么样?

    そうですか、劉邦の性格はどうですか?

    liú bāng gèng wèi lǐ zhì hé zì  zhì, néng gòu qīng tīng yì jiàn, cǎi nà jiàn yì, bìng zài bì yào shí zuò chū tiáo zhěng.

    B:刘邦更为理智和自制,能够倾听意见,采纳建议,并在必要时做出调整。

    劉邦はより合理的で自制心があり、意見に耳を傾け、提案を採用し、必要に応じて調整することができます。

    tā de xìng gé shǐ tā néng gòu zài fù zá de huán jìng zhōng bǎo chí lěng jìng, zuò chū hé lǐ de pàn duàn

    他的性格使他能够在复杂的环境中保持冷静,作出合理的判断。

    彼の性格だと複雑な環境でも冷静さを保ち、合理的な判断を下すことができます。

    hěn yǒu yì si. tā men liǎ de xìng gé zhè me bù yī yàng

    A:很有意思。他们俩的性格这么不一样

    とても面白いですね。 彼ら二人はこんなにも違うんですね。

    性格に関する中国語

    まさに対照的な二人ですが、性格に関する様々な単語が出てきましたね。ここで、上の会話文に出てきた性格に関する単語をまとめてみましょう。

    gāng bì zì yòng

    刚愎自用

    頑固で独りよがりである

    qíng xù huà qiáng liè

    情绪化强烈

    とても感情的である

    lǐ zhì

    理智

    理性

    quē fá

    缺乏

    不足している、足りない

    zì wǒ kòng zhì

    自我控制

    セルフコントロール

    情绪化について

    上に挙げたものはどれも日常会話で用いられますが、情绪化(qíng xù huà)という表現を掘り下げてみましょう。

    情绪化という言葉には、感情的であるとか、お天気屋であるという意味があります。

    jīn tiān tā tè bié qíng xù huà

    今天她特别情绪化

    今日の彼女は非常に感情的です。

    tā shí cháng biàn dé qíng xù huà ér wú fǎ kòng zhì

    他时常变得情绪化而无法控制

    彼はときどき感情的になり、コントロールできなくなる。

    情绪化の後にを置くと、感情的な人という意味になります。

    tā shì gè qíng xù huà de rén

    她是个情绪化的人

    彼女はお天気屋だ

    zěn yàng ān wèi yī gè yǒu diǎn qíng xù huà de rén

    怎样安慰一个有点情绪化的人

    少々感情的な人をどうなだめるか

    感情が豊富で、感受性豊かであるのは良いことですが、感情を制御できないとそれが弱点になってしまいます。項羽はその典型的な例といえるでしょう。

    戦においてはほぼ無敵で、優れた能力を持っていたのですが、自分をコントロールすることができなかったのです。

    逆に能力では劣る劉邦でしたが、劉邦は項羽よりもセルフコントロールに長けていました。

    さて、この二人にはもう一つ大きな違いがあります。

    中国の伝統的な職人技を彷彿とさせるオーラを放つ、接触部分が光る木製駒のラインナップからフィギュアを選ぶ人。

    項羽と劉邦の人材の用い方の違い~会話文~

    引き継ぎAさんとBさんの会話に注目してみましょう。

    xiàng yǔ hé liú bāng hái yǒu shén me bù tóng

    A:项羽和刘邦还有什么不同?

    他にも項羽と劉邦の違いはありますか?

    tā men de yòng rén zhī dào bù yī yàng

    B:他们的用人之道不一样。

    人材の用い方も異なります。

    bǐ rú, xiàng yǔ zài yòng rén fāng miàn xiǎn de jiào wéi zhuān zhì, qīn xìn zhàn jù zhòng yào wèi zhì, hū shì le qí tā yǒu néng lì de rén cái

    比如,项羽在用人方面显得较为专制,亲信占据重要位置,忽视了其他有能力的人才。

    たとえば、項羽は人材の採用において比較的独裁的で、彼の親族を重視し、他の有能な人材を無視しています。

    tā de yòng rén biāo zhǔn zhǔ yào qǔ jué yú gè rén de xǐ hào ér fēi néng lì hé gòng xiàn

    他的用人标准主要取决于个人的喜好而非能力和贡献。

    彼は能力や貢献度よりも、個人的な好みによって人をどのように用いるかを決めています。

    xiàng yǔ de yòng rén zhī dào bú shì hěn hǎo de

    A:项羽的用人之道不是很好的。

    項羽の人の用い方はあまりよくありませんね。

    shì de, liú bāng zhī rén shàn rèn, néng gòu gēn jù měi gè rén de tè cháng ān pái hé shì de gǎng wèi, chōng fèn fā huī tā men de qián néng

    B:是的,刘邦知人善任,能够根据每个人的特长安排合适的岗位,充分发挥他们的潜能。

    はい、劉邦は人をよく知っており、それぞれの長所に応じて適切な役割を与え、彼らの可能性を十分に引き出しました。

    tā de tuán duì yóu duō cái duō yì de rén cái zǔ chéng, zhè zài dāng shí de tiáo jiàn xià shì fēi cháng nán dé de

    他的团队由多才多艺的人才组成,这在当时的条件下是非常难得的。

    彼のチームは多才な才能を持ったメンバーで構成されており、これは当時の状況からすると非常に得難いものでした。

    これらの会話文を総合してみると、項羽の場合は「親族以外を信用しない」「他人の言うことに耳を傾けない」「感情の起伏が大きい」などの欠点が挙げられます。

    そのため能力のある部下があまり集まらず、また部下の力を引き出すことができませんでした。結局最後の決戦である垓下の戦いにおける敗戦で、劉邦に天下を奪われ、命を落としてしまいます。

    項羽は優れた能力を持っていたのですが、それだけでは成功することはできないのですね。

    上の会話文にも大切なフレーズが含まれています。そのいくつかを紹介します。

    用人之道について

    用人之道(yòng rén zhī dào)には、「人の用い方、人材の登用の仕方」という意味があり、リーダーについて語る時によく用いられる言葉です。

    ビジネスシーン等でよく使われる言葉なので、覚えておくと便利ですよ。例えば、

    qǐ yè guǎn lǐ zhī shí dà yòng rén zhī dào

    企业管理之十大用人之道

    企業経営における十の人材の用い方

    このようにビジネスのハウツーなどの紹介で用いられます。

    取决于について

    取决于(qǔ jué yú)には「によって決まる.…で決定される.…いかんにかかる」という意味があり、この意味で用いる場合には必ず目的語をとります。

    zhè ge xiàng mù de chéng bài qǔ jué yú wǒ men de nǔ lì

    这个项目的成败取决于我们的努力。

    このプロジェクトの成否は我々の努力にかかっている。

    qù bù qù nà lǐ qǔ jué yú nǐ

    去不去那里取决于你。

    そこに行くか行かないかはあなた次第です。

    zhè bù qǔ jué yú tā de yuàn wàng.

    这不取决于他的愿望。

    これは本人の希望には左右されません。

    まとめ

    今回は秦王朝滅亡の後台頭した二人の英雄、項羽と劉邦について紹介しました。とても対照的な二人にスポットライトを当てながら、日常生活に使える表現を学ぶことができましたね。

    この二人のストーリーからは、まだまだ使える中国語を掘り出すことができます。今後の記事で扱いますので是非楽しみにしていてください。

    関連リンク

    項羽と劉邦 – Wikipedia
    こちらのWikipediaページでは、項羽と劉邦の戦い(楚漢戦争)を扱ったさまざまな作品について紹介しています。戯曲、小説、ゲーム、漫画など、多岐にわたるジャンルで取り上げられていることがわかります。

    使える中国語をカフェで習得
    何度でも聞ける1対1レッスンはコスパ最強
    【先生を選んで、無料体験する!】

    開く

    この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

    1 つは中国文字の中国象棋士です。

    中国将棋と日本将棋の違い 

    近頃注目を集める日本の将棋ですが、中国では日本の将棋があまりニュースになりません。なぜなら中国には中国古来の中国将棋があるからです。今回は中国文化の勉強として、日…