中国語の発音が苦手な初心者におすすめ習得ポイント5選

中国語は日本語と同じ漢字を使う言語なので簡単そうに感じますよね。しかし、学習してみると「日本語にない音ばかりで難しい…」「声調が覚えられない」と思ったことはありませんか?

今回は、発音が苦手な初心者向けに習得のコツをお伝えします!

中国語初心者に発音習得が必要な理由

中国語は日本語と同じ漢字を使う言語ですが、発音は大きく異なります。そのため、日本語と同じ発音方法で中国語を話しても中国人には聞き取ってもらえません。

なぜなら、母音が「あいうえお」の5個である日本語に対し、中国語は36個の母音があるからです。

例えば、英語のTwitterをツイッターと発音しても伝わりません。同じように麻婆豆腐をマーボードーフとカタカナ発音しても伝わらないんです。

発音に大きな違いがあるため、学習の初段階で発音にクセがつくと後から修正するのは簡単ではありません。中国語学習を始めたら、まずは正しい発音を身につけましょう。

中国人に伝わる発音ができると、中国語学習がますます楽しくなりますよ。

チャイニーズドットコム中国語教室de勉強

中国語の発音を簡単に習得する5つのポイント

中国語の発音は耳で聞き頭で理解する

赤ちゃんが言葉を覚える時をイメージしてみてください。耳から聞いた言葉を認識し口に出すことで言葉を覚えていきます。

「教えていないのにいつの間にかしゃべっていた!」と周りが驚くシーンをよくみかけませんか?中国語の発音を正しく身に着けるためには視覚で覚えるのではなく聴覚を意識しましょう。

発音練習の動画を見て口の形と舌の位置を確認

中国語には21個の子音があります。なかでも日本人が苦手とする子音が「そり舌音」です。zh chi shi」の3つあり、独特な口の形と舌の位置、息遣いがあるため難しく感じますよね。

多くの初級向け教材には発音方法が載っていますが、見ているだけではイメージしにくいかと思います。動画を使って実践しながらコツをつかみましょう。

母音と子音の区別を意識した発音練習

中国語は日本語と違い、母音と子音を分けて発音する特徴があります。「你好」と「谢谢」をピンイン表記でみてみましょう。

nǐhǎo」は「ニーハオ」ではなく「ニィハァォ」

xièxie」は「シェイシェイ」ではなく「シィェシィェ」

少しイメージが湧きませんか?

はっきりと母音を発音することは、初めは慣れないかもしれません。ごはんを「ごぉはぁん」とは言いませんよね。学習初段階では中国語の発音に口が慣れるまで母音と子音を区別した練習がおすすめです。

チャイニーズドットコム中国語教室de勉強

中国語の発音「四声」をマスターしよう

正しく中国語を発音するには、正しい声調の習得も必要です。「四声」と呼ばれる声調を無視して発音すると間違った意味で伝わってしまう可能性があります。

例えば、「yán」を「烟 yān」と言ってしまうと、

あなた不好意思,麻烦你了。请问,盐(yān)在哪里呢?

店員啊!?烟在这儿没有啊!

このように声調を間違えてしまうと正しく伝わらず、塩が買えない可能性があります。正しく伝えるために中国語の発音は「四声」の習得も必要です。

中国語の発音をチェックしてもらう

独学で勉強している初学者は自己流の中国語発音が身についてしまう可能性があります。正しい発音を習得するために「普通」が話せる中国人にチェックしてもらいましょう。

広大な中国は、地域によって訛りや強い方言が存在します。そのため、普通の発音と声調が分かる中国人や先生に確認してもらいましょう。苦手な発音や声調があれば、クセがつく前に修正することができます。

発音を褒められると自信がつき、より中国語学習が楽しくなりますよ。

中国語の発音を簡単に習得する5つのポイントまとめ

中国語学習を始めたら、まずは正しい発音で土台をつくることが大切です。一度ついてしまった発音のクセは簡単には直せません。

わたしは散歩や自転車に乗っている時に中国語を口ずさむよう意識しています。そうすると自転車に乗っていない時も自然と中国語を口に出すようになりました。

「中国語の発音は難しいからあとでやろう」ではなく、毎日の歯磨きのように習慣にしていきましょう。

中国語を学ぶのに最適な方法は、マンツーマン【無料体験実施中!】

教科書を使って基礎から文法、検定対策などもOK。ベテラン講師だから完全初心者の人も安心。私達と一生使える完全な中国語を身につけませんか。

まずは、講師検索(無料)

関連記事(中国語勉強)

チャイニーズドットコム中国語教室de勉強

失敗しない中国語発音習得方法

日本人の多くは中国語を勉強してから数年後、自分の勉強法が間違っていたと痛感します。なぜなら自分の話す中国語が全く通じないからです。その原因は発音の勉強を軽んじたから。…

チャイニーズドットコム中国語教室de勉強

二つのCHU GUI-出轨和出柜

中国語は、日本語や英語に比べて音節の種類が少ない言語であるため、古くから漢詩などで韵を踏むのが割と容易でした。反面、同音異義語が多くあり、わずかな声調の違いで意味が…

チャイニーズドットコム中国語教室de勉強

中国人も苦労する正確な発音

語学留学の目的に正しい発音を学びたいという理由を挙げる人は少なくありません。ただし中国は国土が広いため方言もそれだけたくさんあります。標準語を話しているかのようで、実…

チャイニーズドットコム中国語教室de勉強

変化している中国漢字の読み方

中国の首都を日本人は当然のようにペキンと言います。しかしこの読み方は日本人だけ世界の他の国はすべて全く違う発音をしているのを知っておられましたか?日本人の独特な…