中国語で会話

中国の病院で、中国語で症状を説明・旅行編①

海外で体調を崩すことほど心細いことはありません。病院でも医師や看護師さんと意思疎通できるのか不安です。

しかも大都市の都心部ならまだしも、大都市でも少し奥に入れば完全中国語の世界。いざというときのために基本は抑えておきましょう。

旅先での体調不良

海外の旅先でよく起こる体のトラブルは、水や食べ物が合わなかったことによる腹痛や下痢、それから気温差や室内外の温度差による体調不良、風邪などではないでしょうか。

私も以前香港で、超有名俳優が投資するというアジア系のレストランでカレーを食べたのですが、次に向かったショッピングモールでいきなり腹痛を覚え、トイレに駆け込んだことがあります。

「ああ、出された水だな」とすぐにピンときました。

症状の説明方法

体調が悪い、体の調子がすぐれないは「身体不舒服shēn tǐ bù shū fu)」ですが、これだと抽象的です。

相談された方も「你怎么了?(nǐ zěn me le:どうしたの?)」としか言いようがありませんので、もう少し具体的に症状を伝えましょう。

おなかの調子

dù zǐ téng le

肚子疼了。

おなかが痛いです。

 

lā dù zi

拉肚子。

おなかが下っています。

腹泻fù xiè)も「下痢」ですが、硬めの表現です。

胃の調子

xiǎng tù。

想吐。

吐き気がします。

 

wèi téng

胃疼。

胃が痛い。

 

kě néng zhòng dú le

可能中毒了。

(毒に)あたったかもしれません。

中毒は「毒にあたった」「中毒」という意味で、これだけで使うこともあります。

なお、食中毒は食物中毒shí wù zhòng dú)、薬物中毒は药品中毒yào pǐn zhòng dú)、アルコール中毒は酒精中毒(jǐu jīng zhòng dú)です。

気温差の激しい中国

さて、次に気温の差や室内外の温度差で身体不舒服となったときに出る症状、本格的な風邪に至るまでの間にでる症状についてみてみましょう。

北京は中国の北の方にありますが、私が滞在していたころは3月ぐらいから夏のような陽気に。

夏本番ともなれば連日37度以上だったので、レストランやデパートに入るとクーラーが効きすぎていることもしばしばありました。

逆に、ハルビンなどになると冬は氷点下30~40度の世界ですが、家の中は半そでのTシャツで過ごせるほど暖房がガンガン。

内外の温度差が激しいのですね。これでは体も悲鳴を上げそうです。

風邪の症状

なお、一般的な風邪は感冒gǎn mào)、インフルエンザは流行性感冒líu xíng xìng gǎn mào )、略して流感líu gǎn)です。

fā shāo le

发烧了

熱があります。

 

bí tì bù tíng de líuyī zhí líu bí tì

鼻涕不停的流一直流鼻涕

鼻水が止まりません。

 

sǎng zi téng

嗓子疼。

喉が痛い。

 

yì zhí ké sou

一直咳嗽。

咳が止まりません。

 

shēn tǐ fā lěng

身体发冷

悪寒がします。

 

shēn tǐ suān téng

身体酸疼

体が痛いです(関節痛などで)

ただ、もう話をすることもできない、どうしても意思疎通ができないようなときは、緊急事態、そう、エマージェンシーです。そんなときはためらわずに言いましょう。

qǐng jiào yí xià hùi rì yǔ de。

请叫一下会日语的。

日本語のできる人を呼んでください。

もし、海外旅行保険に加入していたら、サッシを取り出して、

wǒ shì jiā rù jìng wài yóu kè bǎo xiǎn de, qǐng nín yǔ bǎo xiǎn gōng lián xì ba!

我是加入境外游客保险的,青您与保险公司联系吧!

海外旅行保険に入っているので、保険会社に連絡してください!

と伝えてもよいでしょうが、ただし、保険会社が提携している病院でなければ、保険は使えません。

今回の中国語での表現は、覚えられましたか?(中国語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でピンインの発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがチャイニーズドットコム中国語教室。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

前のページ

次のページ

おすすめ中国語レッスン








PAGE TOP