中国の天気予報

天気予報

出勤や通学前に天気予報をチェックするのも、毎朝の大事な習慣ですね。

中国でもテレビで頻繁に天気予報が放送されています。

ただ筆者が滞在していた数年前は、日本のように、ニュース番組の中で「お天気お姉さん」「お天気おじさん」が、時候のあいさつやユーモラスなトークを交えながら天気予報をする、というのは見かけたことがありませんでした。

テレビコマーシャルの合間に、全国各地の名勝旧跡などの写真とともにきわめて味気ない天気予報が流されるだけで、まさに「必要にして最低限」といった感じでしたが、最近はどうなんでしょうか?

さて、では、天気予報に関する中国語の例文を見てみましょう。

为了得知今天天气情况,要看电视天气预报。

今日の天気を知るために、テレビの天気予報を見なきゃ

从天气预报得知,今天傍晚有阵雨。

天気予報で、今日の夕方にわか雨が降ることを知った

「从~得知…」で「~によって…を知る」の意味になります。

「~」の部分は、情報の「媒体」のみならず「人」でもOKです。

例えば、

从他口中得知他姓张

彼の話から彼の姓が張であると知った

晴转多云

晴れのち曇り

チャイニーズドットコム中国語教室de勉強

天気予報の慣用句

「~转…」は「~のち…」を表します。

天気予報の慣用句ですから、覚えやすいですね。

阴,局部有雨。

曇り、ところにより雨

「局部(ところにより)」というのが、なんとも中国語らしい荘厳さがあってよいですね。

日本語でも「局地的に…」という言い方をしますね。

今天可能下雨,必须带雨伞上班。

今日は雨が降るかもしれないから、会社に傘を持って行こう

「带…」で「…を持って」という意味になります。

「…を持って~する」という表現

「…(名詞)」の後ろに、「上班(出勤する)」や「去(行く)」などの動詞をつけることで、「…を持って~する」という文が作れます。

我打算带雨衣去旅行

レインコートを持って旅行に行くつもりです

参加考试时,必须带手表。

試験を受けるときは、腕時計を持って行かなきゃだめだよ

今回ご紹介した「从~得知…」や「带…~」などは、短くてシンプルですが、覚えておくと会話の幅が広がり、とても便利なセンテンスです。

また、これらを使った例文に目を通すことで、適切な使い方が身に付いたり、関連する語句を覚えたりすることもできますので、ぜひテキストや辞書などでチェックしてみてください。
イギリス人はよくお天気を話題にすると言います。そして最近は中国でも天気がよく話題にのぼるようになりました。

といっても別に中国が紳士の国になったというわけではなくて、理由はひとえにあの問題のせいーそう、大気汚染です。

お天気の話題、中国の場合

谈天气,中国怎么谈?

最近話題のこの汚染物質は、

wù mài

雾霾

と呼ばれます。

wù mài tiān qì

雾霾天气

と言えば、スモッグが発生する天気、ということです。汚染度により、

huáng sèchéng sèhóng sè

黄色橙色紅色

の警報が出されます。

黄色から橙色に変わるあたりで、視界の悪さから高速道路は閉鎖になり、航空機の離着陸にも影響が出ます。移動の予定、人の出迎えなどがある日は注意が必要です。

今はスマホのアプリで「China Air Control」「中国天気網」などがありますので、ダウンロードしてチェックされている人も多いですね。

大気汚染会話のかわし方

北京を始めとした中国の大気汚染は深刻ですが、この話題になった時に、あまり中国人の感情を害さず、淡々とその場を乗り切る方が賢明です。

例えば、タクシーに乗って、運転手さんが

「どっから来たの?日本人?北京の空気汚いでしょう。日本の空気はきれいでしょう。日本は科学技術が発達しているし、金もあるし・・・・」

と、なんとなくいやな方向へ話を持って行かれそうになった時、一言こうはさんでみてください。

běi jīng běn lái shì pén dì bù guā feng pái bu chū qù

北京 本来是 盆地,不刮风 排不出去

北京はそもそも盆地だから、風が吹かないと(汚染が)拡散しにくいんですよね

と、相手への同情をやや示した形で応えます。

そうすると、運転手さんはちょっとなぐさめてもらったような気もするし、おっ、こいつなかなか科学的なこと言うな、北京の地理も知ってるなと思い、話の方向をぐぐっと軌道修正してきます。

そしてたいがい、

duì ya běi jīng yì guā fēng jìu hǎo le

对呀,北京 一刮风 就好了

そうなんだよ、風さえ吹けば北京はいいんだけどね

とか、

shì de běi jīng yì xià yǔ jìu hǎo le

是的,北京一下雨 就好了

そうなんだよ、雨さえ降ってくれれば北京はいいんだけどね

とか言います。雨の話が出たら、

 kě shi hǎo xiàng zuì jìn xià yǔ měi xià tòu

可是 好像 最近 下雨 没下透

でも最近雨が降ってもスカッとしませんね

と言ってみましょう。

雨の後の青空は…

この「下透」(xiàtòu)、すごく中国語らしい表現です。

重く厚くいまにも落ちて来そうな鉛の雨雲が崩れるようにどどーっと雨が降った後、降り切って空に一滴の湿気も残っていない、すっきり空が透明になる、それが「下透」です。

ですから降った後は青空でないといけません。真っ赤な夕日でないといけません。

でも最近は、降った後も汚染が空に残っていることが多いのはとても残念です。カラッとした北京っ子の気質のような、世界で一番美しい北京の青空が戻るのはいつのことでしょう。

チャイニーズドットコム中国語教室de勉強

中国語を学ぶのに最適な方法は、マンツーマン【無料体験実施中!】

教科書を使って基礎から文法、検定対策などもOK。ベテラン講師だから完全初心者の人も安心。私達と一生使える完全な中国語を身につけませんか。

まずは、講師検索(無料)

関連記事(中国語勉強)