中国事情

日本とはレベルが違う中国の夏「四大火炉」

日本にいる中国人の多くは夏でもクーラーをつけません。経済的な理由もありますが、彼らがクーラーをつけないのは、日本は中国と比べるとまだまだ涼しいからなのです。

特に中国四大かまど都市から来た人は日本の夏をあまり暑いとは感じません。

中国の四大かまど都市

中国でまるでかまどの中にいるかのように、とりわけ暑いとされている都市が4つあります。そんな中国4大かまど都市(四大火炉sìdàhuǒlú)を紹介しましょう。

重庆(chóngqìng)

重慶 じゅうけい

 

武汉(wǔhàn)

武漢 ぶかん

 

南昌(nánchāng)

南昌 なんしょう

 

长沙(chángshā)

長沙 ちょうさ

こうやってみると中国で暑いと言われている都市には一つの特徴があるのが分かります。そうです。中国四大かまど都市はすべて内陸にあるです。

中国の内陸都市はなぜ暑いのか?

日本は海に囲まれた島国なので、熱せられた空気も風で流れていきます。しかし中国の内陸都市は山に囲まれており、太陽の熱射によって熱くなった空気は流れていきません。都市内に熱気がたまるのです。

よって中国の暑さのレベルは日本の比ではありません。日本では30度を超えると暑いと感じ、気象庁も40度近くになると「命にかかわる危険な暑さ」として注意を促します。ところが中国では…

zhōngguó de xiàtiāntiāntiānchāoguò 40 dù

中国的夏天天天超过40度。

40度を超えたうえに、空気の流れがないとそこはもうサウナです。しかし生命力の高い中国人は40度を超える気温のなかで、外壁を塗る仕事をしたり、荷物を運んだりしています。日本人は中国人に強さを感じることでしょう。

中国人が暑さをしのぐ3つの方法

いくら生命力の強い中国人でも、人間なので熱中症(中暑:zhòngshǔ)になります。よって中国人は暑さをしのぐために以下の3つの対策を取ります。日本との違いは何でしょう。

yòngsǎshuǐchēzàikōngzhōngpēnshuǐ

1,用洒水车在空中喷水。

 

zàiwàimiàntuōyīfu

2,在外面脱衣服。

 

dàjíhézàiyǒukōngtiáo de dìfang

3,大集合在有空调的地方

それぞれ何をするという意味でしょうか?

散水車で水をばらまく

洒水车sǎshuǐchē)というのは「散水車」のことです。しかし中国の散水車は日本のように歩行者に決して水がかからないようにチョロチョロと路肩を水を流すのではありません。

在空中喷水zàikōngzhōngpēnshuǐ)つまり「空中に水をまき散らす」のです。誰かが歩いているなどお構いなく、大通りに水を噴水のように放出し、同時にジョット噴射で路肩に水が打ち付けられます。

当然のことですが、うっかり近くを歩いているとビショビショに濡れてしまいます。ですがあれだけ大々的に水をふりまけば、体感温度は下がります。中国は暑さが半端ない分、暑さを下げる方法も半端ではないですね。

外で服を脱ぐ

散水車はいつも街中を走っているわけではありません。よって暑さの自己対策も必要になります。その方法は思いのほか簡単な方法です。

それは在外面脱衣服zàiwàimiàntuōyīfu)つまり「外で服を脱ぐ」のです。もちろん公共の場所なので、脱ぐのは上だけで、さすがの中国でも下は脱ぎません。

夏本番の時は中年以上のおじさんたちは、上半身裸で街を歩きます。8歳以下の子供は路上どこでもトイレOKの中国では、上半身裸くらいなんの問題にもなりません。

夏場、この服脱ぎおじさんたちの影響を受けるときがあります。運が悪いと夏にバスに乗った時に隣りに汗ベトベトのおじさんたちが立っています。想像してみて下さい。バス内が込みだすとどうなるでしょう?ちょっとしたトラウマになります。

エアコンがあるところに大集合

3番目に中国人が暑さ対策で行なう方法は「エアコンがあるところ」(在有空调的地方zàiyǒukōngtiáo de dìfang)に大集合することです。

「地下鉄の駅」(地铁站:dìtiězhàn) や「デパート入口」(百货入口bǎihuòrùkǒu )などには公共のクーラーが入っており、温度も25度前後で快適です。

日本ではそうした場所に座り込むなどできませんが、細かい人の感情を気にしない中国文化ではOKです。みんなで仲良く、朝から晩まで座っています。

日本はまだまだ快適

日本は暑いといっても、上記のように中国を含めた外国と比べればまだまだ快適でしょう。日本の家には通常クーラーが一台はありますし、快適に暑さをしのぐ方法があるからです。

こうした外国の夏事情を知っておくと、日本で生活できることを感謝できますね。

今回の中国語での表現は、覚えられましたか?(中国語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でピンインの発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがチャイニーズドットコム中国語教室。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

前のページ

次のページ

おすすめ中国語レッスン








PAGE TOP