学習方法・ポイント

中国語で日常会話ができるまでの必要期間

中国語を勉強し始めて感じることは「どれくらい勉強したら普通の日常会話ができるようになるのだろうか?」ということかもしれません。

今回は中国語の日常会話ができるまでに必要な期間はどれくらいなのか見てみましょう。

中国語が話せるまでの期間

できるだけ早くある程度中国語を聞き取れるようになり、ある程度自分の意思を伝えられるようになりたい。と感じるのはもっともなことです。

中国語が話せるようになる期間を知るのに、役立つのは赤ちゃんがお母さんと日常会話をできるようになるまでにどれくらいの期間を要するかという点です。

これは認めるべき必要があることですが、大人と赤ちゃんとでは、言語を勉強するという点においては完全に赤ちゃんのほうが能力が上です。

その赤ちゃんでさえ「ママ」(妈妈:māma)というもっとも簡単な言葉を話すのにどれくらいかかりますか?そう1年かかるのです。

ほぼすべてママの言うことが分かるようになり、自分の意思が伝えられるようになるまでには何歳になっている必要がありますか?およそ3歳でしょう。

つまり大まかにいって、言語というのは簡単なことを表現できるまで1年。日常会話ができるようになるまでは3年というのが目安です。

過度の期待を抱かない

日常会話ができるようになるまでの期間に過度の期待を抱いてはなりません

ときどき「この勉強法で私は3か月で英語をマスターしました」などという教材を目にしますが、そういうのは教材を買ってもらうために、大げさ(夸张:kuāzhāng)に表現しています。

異常なまでに言語中枢が発達した人でもないかぎり、基礎0(零基础:língjīchǔ)から始めて1年以内に日常会話をマスターできることは絶対にありません。言語の天才、赤ちゃん様ができないことを大人ができるわけないのです。

進歩の個人差

大人が中国語を勉強するとき、覚えておく必要があるのは学習能力の差です。中国語の勉強し始めが、10代や20代の場合、言語学習がスムーズにいくので通常の3年で会話ができるようになります。

しかし10代、20代である上、すでに中国語以外の言語を習得したことがある人は、すでに言語習得をするうえでの、注意点とコツを掴んでいます。もしかすると1,2年で日常会話ができるようになることもあります。

しかしその逆もあります。中国語がはじめて勉強する外国語であるうえ、すでに30オーバーならどうでしょうか?3年たっても日常会話ができない可能性があることを踏まえておきましょう。

ちょっと言いにくいのですが、40オーバーの方、または理解力に限界がある方は日常会話ができるまで、5年というのが妥当な年数です。

焦らずまずは発音を

本格的な中国語を身に着ける気持ちはなく、単に一回行く中国旅行のために簡単な会話ができるようになりたいのであれば、こんなに期間は要しません。

旅行の時に使える中国語フレーズが乗せられている本を100円ショップで購入し上に振ってあるカタカナに四声を付けて読めればいいでしょう。旅行は、相手の言葉を聞き取る必要はあまりなく、自分の意志さえ通じればいいからです。

ですが、もし本格的な中国語で「日常会話を早くできるようになりたい」のであれば、最初の一年は日常会話をしたいという気持ちをしっかり持つことが必要です。

声調言語である中国語は発音が命なので、ネイティブの先生と発音に気を付けて練習しましょう。急がば回れなのです。

今回の中国語での表現は、覚えられましたか?(中国語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でピンインの発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがチャイニーズドットコム中国語教室。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

前のページ

次のページ

おすすめ中国語レッスン








PAGE TOP