中国人

中国人に渡してはいけないお土産

友人を大切にするためにお土産をもって行くのは中国にもある習慣です。

しかし日本人が良かれと思って持って行ったお土産でも、当の本人が喜ばなくては意味がありません。中国人に渡してはいけないお土産をみていきましょう。

中国人の分かりやすい反応

日本人にお土産を渡したときは、嬉しくても嬉しくなくても「これはこれは、たいそうなものをいただきまして、ありがとうございます」と十分の感謝を示してくれるものです。

ある意味本当にうれしかったのか、実は大して喜んでいないのかわからないこともあるでしょう。

中国人にお土産を渡したときは、喜んでいるのか喜んでいないのかすぐにわかります。

中国には社交辞令というものは基本存在しません。顔の表情やもらった時の第一声から、本心がすぐわかります。ある意味付き合いは簡単でしょう。

いろいろなお土産を中国人に差し上げた結果、渡さないほうがよいお土産が分かってきたのでお知らせいたします。

中国人に渡さないほうが良いお土産

次の2つが中国人に喜ばれないお土産です。

rìběnqīngjiǔ

1、日本清酒

 

gāojídiǎnxīnhé

2、高级点心盒

これらはどんなお土産で、なぜ渡さないほうが良いのでしょうか?

日本酒

中国人にあげないほうがいいお土産の1つ目は、日本清酒rìběnqīngjiǔ)つまり「日本酒」です。

実は日本酒を飲んでみたいと中国人は思っているのですが、ひとくち日本酒を飲んだ後、中国人は必ずこう言うので渡さないほうが良いでしょう。

méiyǒushénmewèidào shuǐyíyàng。

没什么有味道。水一样。

何の味もしない。水と一緒じゃないか

そしてそのあと決まって「なに?日本酒のアルコール度数は17度前後だって?中国のお酒のアルコール度数は40度以上あるんだ。いつも中国のお酒に慣れていると、この程度のアルコール度数だと…」

せっかく日本から持って行ったのに、感謝の言葉はほとんどなく、中国のお酒の自慢話へと突入するケースがほとんどです。

でも誤解しないようにしましょう。中国の友人は感謝していないのではありません。

飲んだことのない日本酒を飲ませてくれたことは嬉しいのですが、正直な感想として「水みたい。中国のお酒のほうがおいしい」と言っているだけなのです。

本当に中国人は日本酒をおいしいとは思いません。日本人が中国の蒸留酒 (白酒:báijiǔ) を飲んでもおいしく感じないのと同じです。

よって日本酒をお土産にするとしても試し飲みができる程度の小さい瓶にし、お金のかかる名酒などはもっていく必要はありません。

高級菓子

日本人にヨックモックなどの高級菓子(高级点心盒gāojídiǎnxīnhé)をもって行くと喜ばれるでしょう。しかしその感覚で中国人に日本の高級菓子をお渡しするとガックリする結果となります。なぜでしょうか?

ヨックモックなどを中国人はおいしいと思うのですが、必ずこう言います。

zhōngguóyěyǒulèisì de

中国也有类似的。

中国にもあるよ、似たようなのが

高級菓子をバクバク食べておいしそうな顔をしてはいますが、中国人は「おいしい」という言葉より先に、上記の「中国vs日本」を意識した発言をします。

別に日本の自慢をするために日本の高級菓子を差し出したわけではないのですが、これは国民性なのでしょう。中国が世界に劣らないお菓子も作れる国であることをアピールしたくなるようです。

確かにスーパーで似ている中国菓子が売っています。違いがいまいち分からない中国人はまるでポテチを食べるように、30枚入りのヨックモックを次々と消費していきます。

日本人は「二度と中国人にヨックモックは渡すまい」と心に誓うことでしょう。

中国人にあげておくとよいもの

安い模造品ばかりがあふれている中国では残念ながら高級なものと安いものの違いが分かりません。よって中国人へのおすすめのお土産はなんですか?

「100円均一の横綱あられ」くらいがおすすめです。かさばるので大勢へのお土産になりますし、なによりも中国人がおいしいと感じます。

しっかり模造品もあるので「中国にもあるよ」というお決まりのセリフを満足げに言っていただくこともできます。

喜んでもらえてお金がかからない。コスパ最高なのです。

おすすめ中国語レッスン

最近の中国語レッスン

PAGE TOP