中国人

中国人が黄金の装飾品を好むのはなぜ?-その2

中国に行くと、空港ショップ、百貨店、大都市の繁華街、商業施設やスーパーマーケットのテナントなど、まさに至る所で黄金の装飾品店が軒を並べています。

つまりそれだけ人気があるのですが、なぜ中国人はこれほど黄金の装飾品をこのむのでしょうか?

高貴な人の副葬品として

中国で黄金は希少価値が高い金属として古代より大変珍重されてきました。というのも、化学的特性が安定しており錆びにくく変質しにくいことから、王侯貴族の副葬品として大量の黄金が使われたのです。

そのため、市場に出回る黄金は一層少なくなりました。2011年に出土した前漢時代、在位わずか27日の第九代皇帝「刘贺」(LiúHè)の墓からは何と50Kgの黄金が見つかりました。

それは当時の人々が、死後の世界でも現世と同じような生活があり、生前と同様の暮らしを送るために黄金が必要だと信じていたからだったのです。

不老長寿への願い

唐時代になると黄金の食器が珍重され、特別な意味を付与されるようになりました。実は、この背景には死を恐れた当時の皇帝たちの迷信がありました。

唐時代の皇帝は長寿の効能があると信じて特別に作らせた霊薬を毎日飲んでいましたが、それだけでは不安だったので、黄金で作らせた食器を用いるようになりました。

なぜなら、黄金の食器で食事を取るなら永遠に生き続けられると信じていたからです。

Wèile dú xiǎng huángjīn cānjù,yǒngyuǎn huó zhe,huángdì zuò le míngquè guīdìng:

为了独 享 黄金 餐具,永远 活 着,皇帝 做 了 明确 规定:

yī pǐn guān yǐxià,cānjù bù néng yòng jīn de;liù pǐn guān yǐxià,bù néng yòng yín de。

一品 官 以下,餐具不 能 用 金的;六 品 官 以下,不能 用 银 的。

Zhè yīxiàzi,huángjīn bùjǐnjǐn shì wù le,

这 一下子,黄金 不仅仅 是 物了,

tā háichéngwéi dāngshí rénmen děngjí shēnfen de xiàngzhēng。

它还 成为 当时 人们 等级 身份 的 象征。

黄金の食器のもたらす益を自らだけのものにし、永遠に生き続けるために皇帝は明確な規定を定めた。

つまり一品(高級官吏の位)以下の官吏は金の食器を用いてはならず、六品以下の官吏は銀の食器を用いてはならないというのだ。これにより、黄金は物だけでなく、人々の身分階級の象徴の意味まで持つようになった。

手の届かない高みへの憧れ

皇帝の持つ権威

それ以外にも、黄金は皇帝から与えられる栄誉や褒賞としても利用されました。「皇帝」(huángdì)が着る「龙」(lóngpáo 龍の模様を刺繍した衣)の衣や刺繍の色は「黄色」(huángsè)ですね。そして黄金の色も黄色です。

唐時代に始まり清時代に至るまでこの習慣は受け継がれ、人々は黄金を見ると自然と皇帝の持つ権威を連想しました。

神聖かつ重要な仏教

さらに仏教の持つ影響力も大きなものでした。皇帝は一般人には黄色の衣服を着ることを禁じましたが、僧侶にはそれを許していました。仏教文化は中国の伝統文化において神聖かつ重要な位置を占めており、寺院の壁や仏像も黄色でした。

こうして、一般民衆にとって黄色は黄金の色であり、自分たちが決して得ることのない高い地位や、仏の象徴となり、手の届かないものへの憧れが黄金への欲求に繋がっていったのかもしれません。

人気のある商品

中国で黄金を販売する店と言えば「周生生」「周大福」「周大生」「六福珠宝」「周六福」「老凤祥」などが有名です。「」や「」の字が入っている店名が多いのは不思議ですね。

こうした店で販売されている人気商品には、純金のブレスレット、チェーン、ペンダント、置物などがあります。ペンダントには落花生、ひょうたん、仏像、スプーン、白菜、魚、福袋などの形をしたものがあり、それぞれに意味があります。

たとえば落花生には不老長寿、ひょうたんには一家繁栄と無病息災の意味があるとされているのです。それで、ふさわしい時に自分のために購入したり、家族や親族、友人にプレゼントしたりするのです。

ぜひ一度中国の黄金販売店をのぞいてみてください。きっといろんな形のペンダントを見せてくれますよ。意味をいろいろ教えてもらうのも楽しそうですね。

今回の中国語での表現は、覚えられましたか?(中国語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でピンインの発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがチャイニーズドットコム中国語教室。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

おすすめ中国語レッスン

最近の中国語レッスン

PAGE TOP