中国グルメ・食文化

中国のお土産①

「中国」を主張するお土産は、結構あります。

一昔前のお土産は?

一昔前、中国を旅行した友人などからいただくお土産の定番は、织绣品zhī xìu pǐn:刺繍を施した布製品)が割と多かったかも。

とくにシルクは日本よりもはるかに安く手に入るし、当時はシルクロードが流行していたこともありましたから、刺繍を施したシルクのハンケチなどはお土産としてはちょうどよかったのです。

このほかにも、水墨字画shǔi mò zì huà:詩などを添えた水墨画)、竹篮zhú lán:竹籠)、玉佩yù pèi:帯にぶら下げた玉製のアクセサリー)、剪纸画jiǎn zhǐ huà:切絵図)など。

中国の古きよき手芸作品も多くありますが、この辺は好きな人はたまらないでしょうが、そうでない人にとってはあまりうれしくないかもしれません。

お土産に中国茶

そこで万人に受け入れられ、お値段も手ごろで、お土産に適したものは何かと考えたら、浮かんだのは中国茶zhōng gúo chá:中国茶)でした。

ありきたりかもしれませんが、日本では手に入らないお茶の種類や等級も豊富にあって、少なくても一量yī liàng:50グラム)から買えますから、いろんな茶葉が楽しめるんです。

中国茶葉市場

私は北京に住んでいたので、茶葉をたくさん買うときは、批发商店pī fā shāng diàn)がたくさん集まる马连道mǎ lián dào)というところに行っていました。

この辺一帯は、華北地方では最大の中国茶葉市場として知られており、観光客も多く訪れる名所です。

一棟のビルに多くのお店が入る马连道茶城mǎ lián dào chá chéng)はよく知られています。

中国茶の種類

また、お茶の説明をここではちょっとだけします。

中国茶は種類が豊富と前述しましたが、茶葉の発酵の程度によって6種類に分かれており、さまざまな風味や味を楽しむことができます。

発酵の違い

発酵の浅い順から、釜炒りの「绿茶lǜ chá:緑茶)」、ほんの少し発酵だけで自然乾燥させた「白茶bái chá:白茶)」、

一次行程の段階で軽く発酵させた「黄茶huáng chá:黄茶)」、発酵部分と不発酵部分が混ざった半発酵の「青茶qīng chá:青茶)」、

イギリスの紅茶をまねたとされる「紅茶hóng chá:紅茶)」、完全発酵の「黒茶hēi chá:黒茶)」に分かれます。

有名な銘柄

绿茶lǜ chá)で有名なのは龙井茶lóng jǐng chá:龍井茶)です。

それからお馴染みなのは、青茶qīng chá)の铁观音tiě guān yīn:鉄観音)や乌龙茶wū lóng chá:ウーロン茶)、

黒茶hēi chá)ではダイエットで知られる普洱茶pǔ er chá:プーアル茶)があります。

このほか、白茶bái chá)では福建省が主な産地の白毫银针bái háo yín zhēn)が、黄茶では君山银针jūn shān yín zhēn)が有名です。

君山银针は緑茶タイプもありますが、黄茶のほうが高級茶葉として知られます。

人気の茉莉花茶mò lì huā chá:ジャスミン茶)は、フレーバーティーの一種で、绿茶白茶乌龙茶にジャスミンの香り付けをするか、ジャスミンを混ぜ込んで作ります。

世界三大紅茶の祁紅

ところで、私は中国の紅茶hóng chá)のことはまったく知りませんでした。あるとすら思っていなかったので、当然飲んだこともありません。

そこで調べてびっくり!「祁門紅茶qí mén hóng chá:キーマンティー)」略して「祁紅qí hóng)」という中国の紅茶があって、これはなんとダージリン、ウバと共に世界三大紅茶の一つなんだそうです。

知らなかったのは私だけでしょうか…今度ぜひ、お土産に買ってきてもらおうと思います。

お茶の買い方

さて、お茶の買い方は、量り売りです。基本の表記は「jīn:500グラム)」と「liàng:50グラム)」です。

」と表記してあっても、たいていは「」から購入できますが、50グラムといっても茶葉の50グラムはどのぐらいになるか想像できないときは、

kě yǐ gěi wǒ kàn yī xià yī liàng chá yè yǒu dūo shǎo ma?

可以给我看一下一量茶叶有多少吗?

50グラムでどのくらいあるか見せてもらえますか?

と聞いてみましょう。

それから試飲も可能ですから、どのお茶にするかまずは試しに味わってみましょう。

néng bù néng pǐn cháng zhè lóng jǐng chá?

能不能品尝这龙井茶?

この龍井茶を試飲できますか?

買う茶葉と量を決めたら、

ǒ yào zhè chá yè, gěi wǒ bàn jīn。

我要这茶叶,给我半斤。

この茶葉を250グラムください。

茶器

ついでにマグカップみたいな茶杯chá bēi)や、ちょっと本格的なお土産として茶盘chá pán:茶盆)に茶杯chá bēi)や茶壶chá hú:急須)、

茶碗chá wǎn:湯のみ茶碗)などがセットになった一套茶具yī tào chá jù)はインテリアとしても素敵です。

【値段に注意】

ただ、马连道mǎ lián dào)を逛店guàng diàn:ウィンドウショッピング)して気になることがありました。

おしゃれな茶杯を見つけるとわりと台湾製の確率が高く、お値段も数百元と高額なのです。でも、ほかのお店では60~70元で売っていたりします。

こうした現象は中国のあちこちで見られますので、お土産話としては面白いと思います。

今回の中国語での表現は、覚えられましたか?(中国語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でピンインの発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがチャイニーズドットコム中国語教室。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

おすすめ中国語レッスン

最近の中国語レッスン

PAGE TOP