中国語でビジネス

中国語で電話の掛け方 ①挨拶(もしもし)

電話を通しての外国語での受け答えって、最初、緊張しませんか?

中国語で電話 挨拶(もしもし)

「聞き取れなかったらどうしよう」「嫌だなあ」「変なことをいったら恥ずかしい」なんてことが頭の中をグルグル。これは慣れるしかありません。

数を重ねるごとに抵抗感は薄れていきますので、まずは最初の挨拶の受け答えから、頑張って挑戦していきましょう。

電話の受け答え

リリリーン、リリリーン。上海商事の前台qián tái:受付、フロントデスク)の電話が鳴っています。

受付嬢の対応を見てみましょう。

nín hǎo,shàng hǎi shāng shì。

前台:您好①,上海商事。

はい、上海商事でございます。

 

xiè xiè nín píng shí de guān zhào。 wǒ shì shàng hǎi shāng shì de wáng jié, má fán nín, qǐng zhǎo yī xià tián zhōng bù cháng(zhǎng)。

对方:您好,我是上海商事的王洁。麻烦您,请找一下田中部长。

私、上海商事の王と申しますが、恐れ入りますが、田中様をお願いいたします。

 

shì shàng hǎi shāng shì de wáng jié nǚ shì ba? qǐng shāo děng。

前台:是上海商事的王洁女士吧? 请稍等②。

上海商事の王潔さんですね。少々お待ちください。

中国での電話の挨拶は、意外とあっさりしたもの。

日本のように「いつもお世話になっています」なんてことはいわずに、さらりと済ませているという印象があります。

もしもし

①について。電話を受けた直後は、「wèi),您好」「您好」か、あるいは何も言わずに社名だけをさらりと名乗ります。

」は日本語の「もしもし」に相当し、二つ重ねて「喂喂」とも言います。

使い方は、上述したように、電話を受けた直後や、相手の声が聞こえなくて電話がつながっているかどうか確認するとき、保留を解除して再び会話始めるときなどに発します。

受けるときの注意点

電話を受ける際の注意点として、電話が鳴ったらやはり2ベルまでに出たいものですが、出られないときもあります。

そんなときは、最初に

ràng nín jǐu děng le

让您久等了

お待たせしました

と一言付け加えたら、相手も悪い気はしませんよね。

かけるときの注意点

電話を掛ける方の注意点ですが、電話を掛けるタイミングについて、今は電話がつながったら

xiàn zài shūo huà fāng biàn ma?

现在说话方便吗

今お話して大丈夫ですか?

と、相手の都合を確認する中国の方も多くいらっしゃいます。

また、電話を掛けた時間帯が、就業時間外で朝の早い時間帯だったり遅い時間帯だったり、休憩時間だったりする場合は、やはり一言、“申しない”という気持ちを伝えると良いでしょう。

zhè me zǎo/ zhè me wǎn/ cái dǎ diàn huà hěn bào qiàn

这么早/这么晚/才打电话很抱歉

朝早く/夜分に/こんな時間に申し訳ございません。

 

bù hǎo yì sī,zài nín wǔ xīu shí dǎ rǎo le。

不好意思,在您午休时打扰了。

お昼休みに申し訳ありません。

名前の確認

電話を他の社員に繋ぐ場合ですが、相手は自分の名前を名乗らないこともあります。そんなときは自分で相手が誰なのか確認する必要がありますね。

qǐng wèn, nín shì nǎ wèi?

请问,您是哪位?

失礼ですが、どちら様でしょうか。

 

nín zěn me chēng hū?

您怎么称呼?

どちら様でしょうか。

 

nín gùi xìng ā?

您贵姓啊?

どちら様でしょうか。

聞き返し方

また、相手の声がよく聞こえないといは、

bù hǎo yì sī,diàn huà yǒu diǎn bù qīng chǔ。qǐng zài shūo yī biàn

不好意思,电话有点不清楚。请再说一遍。

すみませんが、ちょっとお電話が遠いんですが。もう一度お願いします。

 

bù hǎo yì sī, nín de(dí) shēng yīn hǎo xiàng bù qīng chǔ。

不好意思,您的声音好像不清楚。

恐れ入りますが、お声が遠いようなんですが。

繋ぎ方

最後に、④の「请稍等」と言った後、「马上就转给田中先生mǎ shàng jìu zhuàn gěi tián zhōng xiān shēng:ただ今、田中におつなぎいたします)」と名宛人に繋ぐ旨を伝えても構いませんが、やはりこれも日本的な表現なのでしょうか。

聞いている限り、「请稍等」で終わっていることが多いです。

今回の中国語での表現は、覚えられましたか?(中国語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でピンインの発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがチャイニーズドットコム中国語教室。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

前のページ

次のページ

おすすめ中国語レッスン








PAGE TOP