健康

中国での酷暑の健康法

中国での酷暑の健康法

酷暑の健康法-三伏养生

暑い、暑い、毎日すさまじく暑い日が続きますね。北京の夏は40度を超えるので、それに比べれば東京の夏は35度前後なので始めはラクだなと思っていましたが、この湿気で体感温度は北京よりも高いようでだんだんしんどくなってきました。また北京は乾燥しているので昼間どんなに暑くても夜はす〜っと涼しくなって寝られますが、湿気のある東京は夜も気温が下がらないのがつらいですね。

さてこの1年で最も暑い時期は、中国では三伏;と言います。なぜこう呼ばれるかと言うと、陰陽五行で春は木、夏は火、秋は金、冬は水にあたり、春の木は夏の火を生み、秋の金は冬の水を生み、冬の水は春の木を生むのですが、夏の火は秋の金に克ってしまい、陰の気が地下に潜ってしまうので、それで三伏と呼ばれます。

2014年のカレンダーは

sān fú
「三伏」 

tǒu fú
头伏:7月18日 ー 7月27日

zhōng fú
中伏:7月28日 ー 8月06日 → ここが一番暑い

mò fú
末伏:8月07日 ー 8月17日

となっていて、末伏がやや日本のお盆の時期と重なりますね。

さてこの時期、中国の病院がなぜかめちゃ混みになります。それは、

sān fú tiē
三伏贴

というお灸をするためです。この三伏の時期にお灸をしておくと、冬にぜんそくなど呼吸器系統の病気にかかりにくくなると言われています。三伏灸冬の病気は夏に治す、これを

dōng bìng xià zhì
冬 病 夏 治

と言います。夏は汗もダラダラ出ますし、体温を下げる去火ために冷たいものを飲んだり食べたりします。そうすると、体の中の陽の気がどんどん減ってしまい、冬になった時風邪をひきやすくなります。そこで、1年のうちで一番陽の気が強いこの三伏に、お灸をして陽の気を補っておくのです。また、

sān fú yǎng shēng fú yǎng qù huǒ duō suàn duō gān
三 伏 养 生, 扶 阳 去 火,多 酸 多 甘
三伏の養生、陽を扶けて火を取り除く、酸っぱいものと甘いものを多く摂る

と言われ、この時期に酸っぱいものや甘いものを食べるといいと言われます。中国ではスイカがよく食べられる他、体温を下げる作用のある緑豆を使った甘いお粥などが好んで食べられます。食事では、鴨肉や鶏肉を食べるところが多いようです。

またヨガ教室などでも、中医の素養があるインストラクターだとこの時期は運動の強度を下げます。ap_F23_20090710105233467

それは、この三伏の期間は

yí fú bù yí dòng
宜伏不宜动
伏せるのが良く,動くのは良くない

と言われるからです。そう、この時期は思いっきりダラダラして寝て暮らすのが正解なのです!!

今回の中国語での表現は、覚えられましたか?(中国語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でピンインの発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがチャイニーズドットコム中国語教室。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

前のページ

次のページ

おすすめ中国語レッスン








PAGE TOP