学習方法・ポイント

  1. 中国語習得での辞書の活用法

    中国語の習得の速さの違いは要領の違いです。要領のいい人は、ほとんど勉強していないのに自然と中国語が成長していきます。どうしてそんな違いが生じるのでしょうか?…

  2. どれを学べばいい?たくさん種類がある中国語

    日本語は一つしかありません。方言があるといっても大差はなく、大阪の方言を東京の方は余裕で聞き取れます。しかし広い中国では、場所が違うとまったく違う言語となり…

  3. 中国語のなぞなぞ

    中国語でなぞなぞは「谜语」(míyǔ)と言います。子供向けの入門編のなぞなぞでも私達中国語を学習する外国人にとっては難しい場合があります。とはいえ勉強になり…

  4. いくつ分かる?似ているようで違う中国と日本の漢字

    日本人が中国語を勉強する上で、落とし穴となるのが日本語とよく似ている中国語漢字です。パッと見ただけではよく似ていますが日本語漢字ちょっと違うのです。初級編…

  5. いくつ分かる?意外とステキな中国の花の名前

    中国単語の構造は2つあります。1つは外国語の音から拾うパターンです。例えばローソンは、罗森(luósēn)です。2つ目は意味を拾うパターンです。便利なコンビニは…

  6. いくつ分かる?動物にまつわる中国語

    日本語でもよく動物の動きにたとえた言葉が使われます。国会で時々行なわれる「牛歩戦術」なんてのは、牛のようにゆっくりしか進まないという意味ですよね。同じように…

PAGE TOP