冬のおやつ-冰糖葫芦

冰糖葫芦」は中国北方で冬になるとよく売られている伝統的な小吃(おやつ)です。

一口大の果物を30cm位の串に刺し、水あめで周囲を固まらせて作ります。光を浴びると飴色のコーティングがつややかに輝き、見た目にもなんともきれいです。

冰糖葫芦の種類と材料

冰糖」(bīngtáng 氷砂糖)と「葫芦」(húlu ひょうたん)という二つの言葉を組み合わせた名前の「冰糖葫芦」(bīngtánghúlu)ですが、実のところ氷砂糖にもひょうたんにも関係がありません。

地域によっては「糖葫芦」(tánghúlu)とか「糖球」(tángqiú)とも呼ばれています。

果実を使ったお菓子

本来は野生植物の果実を竹串に刺していたようですが、現在もっとも一般的に見られるのは山査子の実を串に刺したものです。

最近では山査子の実を二つに割り、その間にクルミを挟んだものや、小豆餡を挟んだもの、糖蜜にゴマをまぶしたもの、果実をペースト状にした平べったい形をしたものなど種類も豊富になってきています。

もちろん山査子の実以外にもブドウ、プチトマト、パイナップル、いちご、キウイなどの果物を使用していることもあります。

いずれも果実の酸味と糖の甘味が混じり合い、やみつきになる味です。

 よく似たお菓子冰糖雪球

冰糖葫芦と一緒に売られているよく似た商品が「冰糖雪球」(bīngtángxuěqiú)です。

冰糖雪球は山査子の実を串に刺さずに、酢を数滴落とした液糖に一粒ずつからめて作ります。真っ白に結晶した液糖が真っ赤な山査子の実をくるむ形になるのでこの名前で呼ばれています。

どちらの商品もスーパーの入口にある小さな売店や、通りに面した小さな個人商店、また自転車での街頭販売などで購入できます。

果物の水分が糖を溶かしてしまうので、長く置いておくのには向いていません。それで歩きながら冰糖葫芦を食べている人をよく見かけます。

冰糖 葫芦 除了 传统 的 山楂 冰糖 葫芦 外,

gēnjù zhìzuò yuánliào de bùtóng háiyǒu xiāngjiāo、júzi、mìzǎo、yāoguǒ、lǜdòushā、hétao、

根据 制作 原料 的不 同 还有 香蕉、橘子、蜜枣、腰果、绿豆沙、核桃、

zhūgǔlì de bīngtáng húlu hé gài nǎi wèibīngtáng húlu děng。

朱古力 的 冰糖 葫芦和 钙 奶 味 冰糖 葫芦 等。

伝統的な山査子の冰糖葫芦以外にも、作る原材料の違いによってバナナ、みかん、ナツメの砂糖漬け、カシューナッツ、緑豆餡、くるみ、チョコレート、ミルク味の冰糖葫芦があります。

冰糖葫芦の起源

早くも宋時代に冰糖葫芦は作られるようになったと言われています。

ある時、南宋Nánsòng)王朝の光宗皇帝が最も寵愛する黄贵妃Huángguìfēi)が病に倒れてしまいました。

御殿医はありとあらゆる高価な薬剤を妃に処方しましたがどれも全く効果が見られません。

愛する妃が食欲もなく、どんどんやせ細ってひどくやつれていく姿に耐えきれず、光宗皇帝はやむなく都にお触書を張り出しました。

民間の医師でもよいから妃の病を治せる者がいないかと探し求めたのです。そのお触書を見た一人の医師が宮廷にやってきて黄贵妃の脈診をして言いました。

「氷砂糖と山査子の実を煮詰めたものを毎食前に5-10粒お食べなさい。半月もしないうちに病は良くなることでしょう。」

それを聞いた人々は半信半疑でしたが作ってみたところ、妃が「これなら食べられる」とお召し上がりになったので、言われた通りに引き続き差し上げることにしました。

するとどうでしょう、医師の言ったとおり半月ほどで妃は見事に病から回復したのです。

光宗皇帝は大いに喜ばれ、のちに民間にもこの食べ方が広まるようになり、後代には実を串に刺す形で普及したと言われています。

効果

Bīngtáng húlu fù hán duōzhǒng yíngyǎng yuánsù,zhǔyào shì wéishēngsù C。

冰糖 葫芦富 含 多 种 营养 元素,主要 是 维生素C。

Tā jì cǎiyòng xiàndài gōngyì qù shānzhā guǒhé,wú sèsù,wú shípǐn tiānjiājì,

它既 采用 现代 工艺 去 山楂 果核,无色素,无 食品 添 加 剂,

shǔ tiānrán yíngyǎngshípǐn,yòu jùyǒu kāi wèi、xiāo chú píláo、

属 天然 营养 食品,又 具有 开 胃、消 除 疲劳、

qīng rè、yǎngyán děng zuòyòng。

清 热、 养颜 等 作用。

冰糖葫芦はビタミンCを筆頭に多くの栄養素を豊富に含んでいます。また現在の加工技術を取り入れて山査子の中の種を取り除き、色素や食品添加物を加えずに作られる自然食品の一つです。

しかも、食前の胃を整え、疲労軽減、解熱効果もあり、お肌にもよいとされています。

今度冬の中国に行くときは、みなさんぜひ賞味してみてください。

関連記事

  1. 豆腐食材のいろいろ

    学生食堂のメニューから家庭料理、さらには高級料理に至るまで中国料理において豆腐は欠かせない食材の一つ…

  2. 黒いお酢の正体は?

    中国で餃子を食べに店に入るとテーブルの上に黒い液体が置かれています。醤油かと思いきや、なめてみるとお…

  3. 中国のお土産②

    中国で暮らしたことがあると、帰国してから、本場の中国料理が懐かしくなることはありませんか?お土産…

  4. 北京の魅力①北京料理

    北京は元、明、清の三代から現代に至るまで首都として機能してきた大都市です。数ある北京の魅力の中で…

  5. 市場で買い物

    最近はスーパーマーケットや24時間営業のコンビニエンスストアがずいぶん増えてきました。ウォルマー…

  6. 中国の啤酒にまつわるお話

    中国での楽しみは、なんといっても、本場の中国料理をおいしい現地のお酒と一緒に味わうことですよね。…

  7. 上海料理

    上海旅行といえば、おすすめの飲茶や点心を食べるのが楽しみという方も少なくない事でしょう。小龍包に…

  8. 中国のお土産①

    「中国」を主張するお土産は、結構あります。一昔前のお土産は?一昔前、中国を旅行した友人などか…

PAGE TOP