中国グルメ・食文化

食べ放題でペナルティ?

様々な種類の料理を好きなだけ食べられるバイキング形式の料理店は中国でも大人気です。

ところがこの「食べ放題」についての中国人の認識が一般的なバイキングのマナーと少し違うために、場合によってはペナルティも課されるのです。どういうことでしょう?

大人気の食べ放題

食べ放題は「自助餐」(zìzhùcān)と言います。

繁華街のあちこちで見かける「火锅自助餐」(huǒguō zìzhùcān 寄せ鍋バイキング)、「巴西烤肉自助餐」(bāxī kǎo ròuzìzhùcān ブラジル風焼き肉バイキング)、

日式自助餐」(rìshìzìzhùcān 日本料理バイキング)などの看板が物語るように、食べ放題の料理店は中国の外食産業にかなり浸透しています。

Web検索すると店内風景や提供メニューの写真を掲載している色々なジャンルの食べ放題の店を探す事ができます。

事前に「团购」(tuángòu 共同購入)すれば、通常一人当たり78元のランチバイキングを10元割り引いた68元で提供するといったサービス情報を利用する人も少なくありません。

こんな標語があちこちに

実際にお店に行ってみましょう。お店には昼前からお客の行列ができています。中に入ってみると料理がずらっと並べられたテーブルの上、さらには各テーブルにこんな標語があります。

Lìxíng jiéyuē

厉行 节约

節約を励行しましょう

 

Wēnxīn tíshì:qín ná shǎo qǔ,qǐng wù làngfèi

温馨 提示:勤拿 少 取,请 勿 浪费

少しずつお取りになり、浪費されないようお勧めします。

店によっては「お勘定の際、皿に〇〇g以上の料理が残っていれば〇〇元の罰金です。」と書いてある場合もあります。

テーブルは料理でいっぱいに

Jǐnguǎn gāicāntīng zài qǔcānchù hé cānzhuō shàng dōu bǎi fàng zhe

尽管 该 餐厅 在 取 餐 处和 餐桌 上 都 摆 放 着

“qín ná shǎo qǔ,qǐng wù lànfèi”de páizi,dàn xǔduō gùkè què shì ér bú jiàn,

“勤拿 少 取,请 勿 浪费”的 牌子,但 许多顾客 却 视而不 见,

jìn diàn hòu de dì yí jiàn shì dōu shì máng zhejiāng zìjǐ miànqián de cānzhuō bǎi mǎn,

进 店 后 的第一 件 事 都 是 忙 着 将 自己 面前 的 餐桌 摆 满,

zhídào zhuōzi zài yě fàng bu xià le cái kěn tíng shǒu。

直到 桌子 再 也 放 不 下了 才 肯 停 手。

当のレストランが料理を並べている場所やテーブル席に「少しずつお取りください。浪費しないでください。」という標語プレートを置いたとしても、ほとんどの客は注意を払わない。

店に入って一番にする事といえば、自分の前のテーブルを料理でいっぱいにする事であり、テーブルにもう何も置けなくなるまでやめようとはしない。

私が入った北京にある食べ放題の日本料理店でも同様でした。

10人ほどのグループでやって来た一人一人が、自分の食べる分を取るのではなく、ある皿には天ぷらを、別の皿にはお寿司を、さらに別の皿には空揚げを山盛りにして、次から次へとテーブルに並べていくのです。

当然、すべてを食べ切れるわけではありません。

罰金制度

こうしたケースが後を絶たないために、食べ残しの浪費を減らす努力が罰則制度に繋がっています。

店ごとに罰則の内容は異なりますが、多くの店が来店時に先に頭金を払うよう消費者に求めています。金額は10元から100元と様々です。

もし、食べ残しの分量が多い場合は100gごとに10元を頭金から差し引くという訳です。

店側の観察では数年前と比べれば食べ残しは少なくなってきたものの、それでもなくならないとの事です。

消費者側も多くの料理を残してしまうのはもったいないとわかっているのですが、それでも食べ放題に行くと取りすぎてしまったり、そのために罰金を払わされたりした経験があるという人がかなりいます。

元を取ろうとして食べ過ぎる?

もう一つの問題は食べ過ぎ、飲み過ぎです。食べ放題の料金の元を取ることを「吃回本」(chī huí běn)と言います。

元を取ろうとして食べ過ぎてしまい、病院へ運ばれる人も少なくありません。結果的に高い治療費を払うことになり、元を取るどころか損をしてしまうのです。

また「专挑贵的吃」(zhuān tiāo guì de chī)、つまり原価の高い食材ばかりを選んで元を取ろうとするお客もいます。

例えば焼き肉バイキングの場合、原価の高い部位の肉やエビ、ホタテなどの海鮮食材を店員が補充したとたんに、ほぼそのすべてを自分たちのグループ用に持って行ってしまう客も見受けられます。

もちろん何をどれだけ食べるかは客の自由ですから店側は何も言えませんが、ほかの客が不快に思うのもうなずけます。

とはいえ、こうした所に中国人のパワーやバイタリティを感じるのも事実です。ぜひ一度中国人の友人と一緒に食べ放題を満喫してみてください。

おすすめ中国語レッスン

最近の中国語レッスン

  1. 地方の伝統的麺料理-その2
  2. 地方の伝統的麺料理-その1
  3. 豆乳で健康づくり
  4. 腐乳の料理レシピ
  5. 安すぎる、中国のお給料事情
PAGE TOP