中国語でビジネス

中国とビジネスをする上でのコツ

中国語を勉強している方の中には中国で働く予定や、すでに中国の会社と協力しながら事業をされている方もいるでしょう。

チャイナリスクと言われますが、中国のビジネススタイルは独特で、知らないと中国の会社との取引があっという間に終わってしまいます。

中国文化を理解する

中国人と一緒にビジネスを成功させるもっともよい方法は何ですか?中国語で表現しましょう。

shúxī zhōngguó wénhuà , cái zhōngguó gōngsī hǎo kāi xīng

熟悉中国文化,才中国公司好开兴.

熟悉(shúxī)というのは「熟知する」という動詞です。cái)というのは「それではじめて~」という意味合いになります。

公司gōngsī)は「会社」という意味、开兴kāi xīng)は「喜ぶ」という意味で、前にhǎo)がつくと「とっても喜ぶ」となります。

つまり中国人と一緒にビジネスをするコツは「中国文化を熟知して、中国の会社を喜ばせる」ことなのです

では中国文化を熟知したビジネスというのはどういうものか見ていきましょう。

中国のビジネス

面子を重んじる

面子(miànzi)というのは、日本語の「メンツ」という意味ですよね。国民性ですが、中国人はメンツが重んじられないとすぐに感情的に行動します。

一番よくないのは中国の会社のの社員もいるところで、上司の対応を批判することです。おそらくその会社は今後取引をしないと言ってくるでしょう。

ですから、中国の会社の誰かを注意しなくてはいけない場合、私下(sīxià)、つまり「誰もいないところでこっそりと」注意し面子が傷つかないようにする必要があります。

信頼関係は重要でない

日本でのビジネスでもっとも重要なのは建立信赖关系(jiànlì xìnlài guānxì)、つまり「信頼関係を築くこと」なのですが、中国にはその美徳は全くありません。

日本の会社は中国の会社と信頼関係を積み上げていこうとマメに連絡をし、納期を守ります。

しかし中国の会社にその気はさらさらなく、納期が遅れても謝りませんし、毎回少しでも利益を上げるために値段交渉してこようとしますし、更なる利益のために製品の質を落としてでもコスト削減します。

重要なのはコネ

中国の会社は日本の会社のことをどう思っているのでしょうか?

日本の会社は「とてもいい取引相手」と思っています。なぜなら日本の製品は質が高く、売れ筋商品だからです。中国市場において「日本製」というネームバリューの価値が高いことを知っています。

よって中国の会社は日本の会社と、保持关系(bǎochí guānxì)をしたいと思っています。これは「コネクションを維持」しておきたいという意味です。

【取引先は利益のための道具】

まず相手のことを考えるという感覚のない中国ビジネスにおいて、他の会社というはすべて「自分の会社が利益を上げるために道具」という感覚なのです。

日本政府が中国政府と「戦略的互恵関係」という言葉を用いて関係を維持していますが、これは大正解でしょう。

中国文化においてビジネスとは、「関係を保ってお互い得しようじゃないか」というものだからです。

まとめ

現在中国は日本を抜いてアジアトップの国として君臨しています。10、20年前は日本の会社が有利に事を進め、日本の文化を強要することもできましたが、今は時代が変わりました。

日本人のほうが中国文化を理解して、中国文化でビジネスをすることが必要になっています。

日本の会社が中国文化に合わせて、ビジネスをしていけば、中国の会社は大喜び。きっと互恵関係をずっと続けていきたいと思ってもらえるでしょう。

中国人の先生と中国語を勉強するとき、こんなビジネスに関する考え方を聞いてみるのもいいかも知れませんね。きっと仕事をする上での参考になるでしょう。

おすすめ中国語レッスン

最近の中国語レッスン

PAGE TOP