現地生活・注意点

中国でネットを使うときの注意事項

中国に行く予定がありますか?ならば中国でネットを使ううえで覚えておいたほうがいい情報があります。これを知らないとあるとき突然緊急帰国しなくてはいけないかもしれません。

日本と中国では発言するときに注意する点が違うのです。

日中の文化の違い

日本で発言する上で注意する点

日本では気軽な気持ちで放った一言が炎上のきっかけになります。

例えば野球球団の日本ハムが北海道に移動した際に「北海道は、開拓の大地だ」というキャッチフレーズを掲げました。

それまで球団がなかった北海道に移動して来たことをアピールする意図だったと思われますが、北海道の先住民アイヌ人の感情への配慮が足りないとして非難の対象となったのです。

日本は国民主権の国なので、他の国民の感情に最新の配慮をはらって発言する必要があるのです。

中国で言葉使いに気をつけると

中国に行った日本人が他の人の感情を考えて、オブラートに包んだ発言をしているとどうなりますか?まったく違った反応が返ってきます。

nǐ dàodǐ xiǎng shuō shénme ya

你到底想说什么呀?

()は「あなた」を指す代名詞ですね。到底(dàodǐ)というのは「つまるところ…」「結局のところ…」という意味で、結論を言うときに使う副詞です。

想说什么呀?xiǎng shuō shénme ya)は「何が言いたいの?」という意味になります。

つまり日本人の美徳である周りの人の感情を考慮した言い方を中国語表現してると「結局あんた、何を言いたかさっぱり分からん」となってしまうわけです。

中国では思っていることは率直に伝えましょう。

中国で発言する上で注意する点

政府についての発言に注意

自由に率直に発言する習慣がある中国人でも、ある話題だけはとっても敏感mǐngǎn)つまりデリケートです。それは中国で主権を持っている共産党政府に関する発言です。

どうして政府について発言するときにとても神経を使う必要があるのでしょうか?それは中国政府が国民を治めるためあることに力を入れているからです。

どうして中国政府は国民を治められるのか

考えてみてください。あれほど自由気ままに行動する中国人を、しかもその数16億を超えるとも言われる中国人を、どうして中国政府は1つにまとめあげることができているのでしょうか?

その理由を中国語で説明しましょう。

yīnwèi zhōngguó zhèngfǔ hěn liǎojiě rénmín , zhīdào zuì héshì de tǒngzhì fāngfǎ .

因为中国政府很了解人民,知道最合适的统治方法.

因为(yīnwèi)は「なぜならば…」という意味の接続詞ですね。了解liǎojiě)は中国語の場合「理解している」という意味の動詞となります。

知道(zhīdào)は「知っている」「分かっている」という動詞で、合适(héshì)は「適した」「ピッタリの」という形容詞になります。

つまり「中国政府は自国民をよく理解してるから、もっとも適した統治方法を把握している」という意味になります。

中国でもし民主主義を実施すると国がどうなってしまうのか中国政府が最もよく理解しています。

中国国民を治めるためには、一党支配で絶対的な権威を保持しておかないといけないと理解しているのです。

中国政府がもっとも警戒していること

16億を超える国民を治め続けている中国政府がもっとも警戒していることは何ですか?それは暴動です。

中国政府は暴動を事前に抑えて国民が平和に暮らせるように、あらゆることを行ないます。その1つがネット規制です。

中国でのネット規制

中国でネット上のやり取りはすべて、自動監視システムによって検閲されています。自由な民である中国国民も、決してネット上で政府批判となるようなワードを打ってはいけない事を知っています。

それは中国の検索エンジン百度bǎidù)の検索ワードにしても、EメールやSNSにしても、中国版のLINEである微信(wēi xìn)でのやり取りにしてもすべて政府が監視しているからです。

もしも中国政府の批判を煽る発言をしているとどうなりますか?自宅に警察がやってきます。外国人がそれをすると驱逐出境qūzhú chūjìng)つまり強制送還ということになります。

以前の中国政府の汚点に触れるのもNGです。漢字にするのがはばかれる「てんあんもんじけん」などの単語は、決して中国国内でネット上に打ち込んではいけません。たちまちネットはダウンします。

中国でネットにつなぐときはすべてのやり取りが政府側に見られていると思っておいた方が良いでしょう。

中国という大きな国を管理するには、事前に暴動の種となるものを取り除く必要があるからです。

中国の規制を理解しよう

学べる教訓はなんですか?中国の情報規制を批判してはいけません。

それは中国政府に監視されてしまうからではなく、中国人をどう治めたらよいかは、その国の人たちが一番よく知っているからです。

わたしたち外国人は中国でもVPNと呼ばれるネットシステムを使えば、日本にいるときの同じのように情報のやり取りとりができます。

日本との違いを批判するのではなく、その国のやり方を尊重して適応するほうが重要ですね。

おすすめ中国語レッスン

最近の中国語レッスン

  1. 豆乳で健康づくり
  2. 腐乳の料理レシピ
  3. 安すぎる、中国のお給料事情
  4. タイタニック沈没~乗客を海に飛び込ませる一言~
  5. 中国人の若者が就きたい職業
PAGE TOP